波多野デンタルオフィス新都心

TEL 048-643-8020

埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-263-8

インプラントとブリッジ/入れ歯の違い – 費用や治療期間の比較

compare

歯を失った時の治療方法にはインプラントの他に従来から行われているブリッジ・入れ歯がありますが
長期的予後を考慮してメリットの多い治療方法を選択することが必要です

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

インプラント・ブリッジ・入れ歯には、それぞれにメリット・デメリットがあります。最適な治療方法を選択するためには、メリットだけでなくデメリットも把握することが大切です。

インプラント ブリッジ 入れ歯
審美性
審美性
審美性
審美性
  • 審美性に優れている
  • 天然歯に近い仕上がりになる
  • 比較的優れている
  • 保険外の素材を使用すれば天然歯に近い仕上がりとなる
  • 見た目に劣る
  • 部分入れ歯の場合金属のバネが目立ってしまう場合がある
噛む力 天然歯とほぼ同じ咀嚼力に回復できる 支えとなる歯の状態で異なるが、天然歯の6割程度まで回復可能 噛む力は天然歯よりも大きく低下してしまう
違和感 全くない 少ない 違和感・異物感が強い
味覚への影響 ほとんどない ほとんどない 熱・味を感じにくくなる
他の歯への影響 他の歯に影響しない 支えとなる歯に負担をかける
(支えとなる歯の寿命を縮めることもある)
部分入れ歯の場合、バネをかける歯に負担がかかる
歯槽骨の吸収 歯槽骨の吸収を抑制できる 歯槽骨の吸収が進んでしまう 歯槽骨の吸収が進んでしまう
適応症 重度歯周病の場合 支える歯が必要となる ほとんどのケースで適応となる
外科的治療 手術が必要になる 必要ない 必要ない
費用/保険適用 保険が適用とならないため費用が高くなりやすい 保険が適用となる 保険が適用となる
治療期間 治療期間が長くなる 短期間で治療可能 短期間で治療可能

失った歯の本数・場所によって異なる治療方法

失った歯の本数・場所によって異なる治療方法

歯を失った本数・場所によって、適応となる治療方法は異なります。また、周囲の歯(支えとなる歯)の状態も考慮する必要があります。

インプラント ブリッジ 入れ歯
1本の歯を失った場合の治療方法
  • 独立した歯を作るため周囲の歯に悪影響が及ばない
  • 見た目が天然歯に近い仕上がりになる
  • 両隣の歯を削る必要がある
  • 保険治療の場合 金属の装置になる場合があり審美性に優れない場合がある
  • 金属のバネが目立つ
  • 違和感が生じたり 味覚に影響する場合がある
連続した複数本の歯を失った場合の治療方法
  • 他の歯に影響することがない
  • 天然歯のように審美性が高い
  • 咀嚼能力が低下せず噛み心地が良い
  • 支えとなる歯の状態によって複数本の歯を補うブリッジ治療ができない可能性がある
  • 衛生管理が行いにくくなる
  • ほとんどの場合に適応
  • バネをかける歯に負担がかかりやすい
  • 保険の入れ歯の場合 金属のバネが目立つ
左右両側の歯を複数失っている場合の治療方法方法
  • 審美性が天然歯と変わらない
  • 咀嚼能力に影響せず硬いものでも問題なく噛める
  • プラスチックなど床のついた入れ歯や留め金のついた入れ歯などで対応する
  • 温度を感じにくくなり味覚に影響が出やすい
  • 違和感が生じやすい